どんな特徴があるのか

廃車

事故車の場合、中古車買取業者へ持っていっても売れないとか、価値がないと考えがちですが、実際は買取をしてくれる業者も多くあります。もちろん、損傷の程度によって中古車としての評価は変わってきますが、全く売れないということはないのです。ですので、事故車だからと言ってはじめから諦めるのではなく、まずは査定してもらうことが重要だと言えます。実際の査定額については、やはり通常の中古車と比べると安くなってしまうことが多くなると言えるでしょう。それは、車の状態が通常より悪くなってしまうため仕方のないことですが、複数の業者に査定見積もりをしてもらうことでより高く売ることは可能です。それに事故車であっても、状態がそれほど悪くなく、人気のある車種のものであれば、比較的高く売ることも出来ると言えるでしょう。また事故車というと、交通事故などで損傷した車というイメージがありますが、実は中古車の業界ではそうしたイメージとは異なる捉え方がなされています。業界では、車の骨格にあたる部分を修理・交換した場合や、その部分が損傷を受けている場合を指しており、交通事故に遭ったものかどうかは関係ないのです。ようは車の骨格部分が問題なので、交通事故に遭ったとしても、骨格部分さえ問題がなければ通常の中古車と同じ扱いを受けることが出来るでしょう。ですので、事故車とはどんなものを指すのかということをよく知っておくと、業者と交渉を行うときなどに役立ちます。

注意しておきたいこと

交通事故

事故車を中古買取業者へ売るときの注意点としてまず挙げられるのは、それを取り扱っていない業者もあるということです。もちろん取り扱っている業者も多いのですが、通常の中古車しか扱っていない業者に持ち込みをしても、廃車を提案されたり、タダ同然の金額で引き取られてしまったりすることもあるため注意しましょう。ですので、持ち込みをする場合は事前にホームページ等を見て、取り扱いがあることを確認しておくことが必要です。次に挙げられる注意点は、事故車であることを誤魔化そうとしても見破られてしまうため、正直に話したほうがいいということです。損傷した個所を修理すること自体は査定額アップにつながりますし良いことですが、印象を良くするためにそれを隠したりするのはやめておきましょう。プロが査定すれば大抵のことは分かってしまいますし、誤魔化すことで印象も悪くなってしまうため、正直に話したほうがよいと言えます。また、修理をすると査定額をアップさせることが可能ですが、事故車の場合は修理費の方が高くついてしまうことも多いので、もう乗らない場合はそのままの状態で買取に出したほうがよいでしょう。

広告募集中